ニチレイの冷凍チャーハンをさらにおいしく食べる方法

あなたの食事に役立つフードインフォメーションサイト

調理方法は冷凍炒飯の味を左右する

温め方によって冷凍炒飯はもっとおいしく

冷凍炒飯をおいしく食べるための最大のポイントは、温め方に尽きます。

冷凍炒飯はフライパン調理と電子レンジ調理のいずれにも対応しているものの、どちらも長短があり、必ずしもどちらか一方が優れているというわけではありませんが、両者に共通する温め方のポイントもいくつか存在するので、具体的に触れていきましょう。

はじめのポイントは冷凍炒飯全体を均一に温めることで、これによって炒飯を食べた時の口当たりや風味に統一感が生じ、味そのものに一貫性が感じられるようになり、次いでのポイントである、袋に表示されている調理時間を可能な限り守ることによって、急速冷凍で封じ込めた風味の保持が可能となるので、これらのポイントを押さえるだけでも、冷凍炒飯の味は格段のアップが見込めるのです。

フライパン調理と電子レンジ調理の長所比較

基本的に冷凍炒飯を販売する食品メーカーの多くは、冷凍炒飯の調理法として電子レンジ調理を想定し推奨してはいますが、フライパン調理にはフライパン調理の利点があり、必ずしも電子レンジ調理に劣るとは限りません。

フライパン調理の利点は、調理技能による均一な火の通りとパラパラ感の増加にあり、均一な火の通りが調理技能によって行えるため、冷凍炒飯のうまみを引き出せるだけでなく炒飯の醍醐味の一つであるパラパラ感にも寄与することができる点にあります。

一方、電子レンジ調理は、メーカーの指定する調理法に従うことによって、調理技能に関係なくメーカーが想定する冷凍炒飯の味を過不足なく引き出せることにあり、調理の容易さも含めての利点を持つのが長所です。